銀行キャッシングに保証人は必要?

銀行キャッシングに保証人は必要?[銀行キャッシング一覧]

MENU

銀行キャッシングに保証人は必要?

「連帯保証人になってしまったために人生が・・・」こんなシーンに見覚えはありませんか?

 

お金を借りると言うことは大きな出来事で、これには『保証人』が必要だと思い込んでいる人が多いようです。もちろん、保証人や連帯保証人が必要な場合はありますが、どんな時でも必ず必要かと言われれば、そんなことはありません。

 

【銀行キャッシングで保証人は不要!】

実は銀行キャッシングでは保証人が不要だと知っていましたか?

 

もちろんキャッシング額によって多少状況は変わりますが、個人が少しキャッシングするレベルで保証人を求められることはまずありません。

 

【そもそも保証人は何をするの?】

保証人には『保証人』と『連帯保証人』がいます。
『保証人』は債務者がどんな状態でも代わりに返済する責任を負います。

 

つまり、債務者が普通に生活をしていても、何らかの形で「保証人に返済してもらおう」ということになれば、保証人は代わりに返済しなければならなくなります。

 

『連帯保証人』は債務者が返済不能となった場合のみ代わりに返済する責任を負います。よく「債務者が逃げて連絡が取れなくなったから代わりに・・・」みたいなシーンは連帯保証人であることがほとんどなのです。

 

【なぜ銀行では保証人が不要なの?】

銀行も万が一に備えて、保証人のような存在は必要としています。

 

しかし、保証人に債務を移したり、返済を促したり、その管理をすることは大変大きな負担となります。そこで、銀行が保証人を必要と判断するケースについては銀行が保証人の代わりを『保証会社』に求めることになります。

 

保証会社は基本的に先ほど説明した保証人と同じ役割を担います。

 

万が一の場合は、債務者に代わり保証会社が銀行に一旦全額返済してくれるので、銀行としては安心です。その後、保証会社は債務者に返済を求めることになりますが、これは銀行とは一切関係のない業務になるので、銀行としては面倒な部分を引き受けてもらえたということになるのです。

 

【保証会社ってどんなところ?】

銀行はそれぞれ独自に保証会社を決めています。
そのため、契約書を交わすようなキャッシングをする場合の契約書をよく読んでみると、「弊社指定の保証会社の保証を受けること」と記載されていることがあります。

 

また、この保証会社とは多くの場合『信販会社』や『消費者金融』であることが多いようです。
それでは銀行と、銀行が指定する保証会社の組み合わせを少し見てみましょう。

 

『三菱東京UFJ銀行のバンクイック』を利用する場合は、『アコム』
『みずほ銀行』を利用する場合は、『オリエントコーポレーション(オリコ)』
『三井住友銀行』を利用する場合は、『SMBCコンシューマーファイナンス』

 

このように、銀行は低金利でキャッシングできると高評価ですが、返済が滞って銀行に見限られてしまうと信販会社や消費者金融にお世話になるのと同じことになってしまいます。