金利・年率について詳しく知っておく

金利・年率について詳しく知っておく[銀行キャッシング一覧]

MENU

金利・年率について詳しく知っておく

あなた自身が信用に足ると判断され、銀行キャッシングが叶ったとしましょう。
次はこの信用に応えるべく、決められた日に返済をしていくことになります。

 

当然ここには利息というものが発生します。
少々計算が複雑に感じるかもしれませんが、大切なことなのでしっかりと確認しておきましょう。

 

【金利と年率】

利息を計算するには各銀行が定めた一定比率を計算で利用します。
基本的に『金利』と『年率』という言葉は同じだと解釈して良いでしょう。

 

低金利をアピールする銀行の金利はどのくらいなのでしょうか。

 

キャッシング額にもよりますが、約4%〜14.5%あたりが一般的です。つまり、少額キャッシングだと14.5%程度、限度枠いっぱいのキャッシングだと4%程度のものが適用されます。

 

【実際に金利を計算してみよう】

銀行キャッシングの返済総額は『キャッシング元本+利息=返済総額』になります。
ここでは実際にその利息を計算してみましょう。

 

利息の計算方法は『キャッシング元本×金利÷365×日数=利息』です。
例えば、10万円を金利15%でキャッシングしているとしましょう。

 

この場合の1ヶ月後の利息は次のように計算されます。
『10万円×0.15÷365×30=1,233円』

 

同様に、1年後の利息は次のように計算されます。
『10万円×0.05÷365×365=15,000円』

 

どうでしょう・・・意外と少なく感じる人もいらっしゃるのではないでしょうか。
ただし、この利息は一括返済をした場合の話です。

 

【毎月、一定額を返済するとしたら?】

10万円を金利15%でキャッシングをし、毎月2万円ずつ返済をしていくとしましょう。
この場合の利息や毎月の返済等は次のようになります。

 

『1ヶ月目』
・利息 10万円×0.15÷365×30=1,233円
・返済額 2万円
・返済後残高 81,233円

 

『2ヶ月目』
・利息 81,233円×0.15÷365×30=1,002円
・返済額 2万円
・返済後残高 62,235円

 

『3ヶ月目』
・利息 62,235×0.15÷365×30=767円
・返済額 2万円
・返済後残高 43,002円

 

『4ヶ月目』
・利息 43.002円×0.15÷365×30=530円
・返済額 2万円
・返済後残高 23.532円

 

『5ヶ月目』
・利息 23.532円×0.15÷365×30=290円
・返済額 2万円
・返済後残高 3,822円

 

『6ヶ月目』
・利息 3.822円×0.15÷365×30=47円
・返済額 3,869円
・返済後残高 0円(完済)

 

このような返済方法を『残高スライドリボルビング方式』と言います。

 

他にも返済方法はありますが、キャッシングをする銀行との取引が初めてならば、この返済方式を採用される可能性が高いようです。また、金利には様々な優遇措置があります。

 

例えば、キャッシング予定の銀行で『給料振込み』『公共料金等の引き落とし』『住宅やマイカーのような大きなローン契約』などがあれば、お得意様として少し金利が優遇されることもあるようです。