主婦や専業主婦の場合は銀行キャッシングで借りれる?

主婦や専業主婦の場合は銀行キャッシングで借りれる?[銀行キャッシング一覧]

MENU

主婦や専業主婦の場合は銀行キャッシングで借りれる?

銀行キャッシングに限った話ではありませんが、キャッシングの基本は利息を含めてきちんと返済する能力があるかどうかということです。その指針の1つが『安定した収入』です。

 

アルバイトやパート、派遣社員は厳しい評価を受けますが、それでも収入があるという部分が評価され、キャッシングを認めてもらえる金融機関がいくつかあります。では、現金としての収入がない、主婦や専業主婦の場合はどうなるのでしょうか。

 

【主婦や専業主婦でも借りられる】

主婦は基本的に「お断り」という金融機関が多いようです。特に、金利が安いために審査が厳しいと言われる銀行系になると、その壁は余計に高くなってしまうようです。

 

それでも主婦や専業主婦に対してでもキャッシングを認めてくれる銀行がいくつかあります。
ただ、どこもキャッシングの条件はかなり厳しくなっています。

 

【三菱東京UFJ銀行の場合】

銀行キャッシングとしては最も主婦向けの銀行です。

 

通常通りの審査はありますが、特別な条件等はありません。ただ、限度額が大幅に減額されています。通常は500万円が限度額なのですが、主婦向けとなると限度額は『30万円』となります。

 

【新生銀行の場合】

こちらも主婦でも問題ありません。ただ、『安定した収入』という条件は外れないので、まったく現金収入がゼロの専業主婦は難しいでしょう。

 

安定した収入とは、「年金・不動産収入など」を指します。

 

【みずほ銀行の場合】

こちらも主婦でも問題ありません。
みずほ銀行の良いところは、「配偶者に安定した収入があれば認められる」というところです。
ただし、それでも限度額は大幅に減額され『30万円』と設定されます。

 

このように主婦や専業主婦の人が銀行キャッシングをすることは不可能ではありませんが、とても厳しい条件となっています。ただ、審査には家族構成や世帯収入などを参考資料として求められることもあるようです。

 

【消費者金融系でも主婦はOKだけど・・・】

銀行は基本的に個人を見定め、確実に回収できる相手であればキャッシングを認めてくれます。
しかし、消費者金融系は個人と同じくらい世帯を見定めます。

 

消費者金融系は審査が比較的緩いと言われていますが、主婦や専業主婦に関してはそこまでの優遇はないようです。ただ、金融機関としてはリスクを背負ってしまうので、金利が高くなるのです。

 

最近規制が厳しくなっていることもあり、どんどんお金を貸すという方向性はなくなってきています。これからもこの方向性は変わらないと思われるので、収入のない主婦や専業主婦の人が単独でキャッシングをすることはより一層難しくなると予想されます。