返済できなくなったらどうするのがベスト?

返済できなくなったらどうするのがベスト?[銀行キャッシング一覧]

MENU

返済できなくなったらどうするのがベスト?

「借りたら返す」基本的なことですが、どうしてもうまく対処できないこともあります。
万が一、返済ができなくなったらどうしたら良いのでしょうか。

 

【返さなかったらどうなるの?】

銀行キャッシングの場合、お金を貸した銀行は「債権者」、お金を借りた個人を「債務者」と呼びます。ここで万が一返済ができなくなったらどうなるのでしょうか。

 

大切なポイントは1つ「連帯保証人がいるかどうか」です。

 

『1:連帯保証人がいる場合』

連帯保証人は債務者が返済できなくなった場合に、代わりに返済する人のことを言います。

 

よって、キャッシング契約時に連帯保証人を準備していたのであれば、代わりに連帯保証人が全額を返済することになります。その後、債務者が連帯保証人にどのように返済していくのかは別の問題です。

 

『2:連帯保証人がいない場合』

最近はほとんどがこのケースです。ただし、連帯保証人がいなくても、契約時に「保証会社の保証」を受けることになっているはずです。

 

これはある保証会社が連帯保証人の代わりをしてくれるわけです。

 

よって、万が一返済ができなくなったとしても保証会社が代わりに全額を銀行に返済してくれるので銀行側との話はついたことになります。しかし、保証会社がそのまま黙っているはずもなく、今度は保証会社と債務者の間で返済が始まるわけです。

 

ちなみに、銀行が指定する保証会社は多くの場合「消費者金融」です。

 

【家に取り立てはやってくるの?】

昔のドラマなどで怖い人が取り立てに来て暴れるシーンがありますね。
暴れるかどうかは別として、取り立てが家に来る可能性は十分にあります。

 

しかし、最近では貸金業法で取り立てに関しても細かく制限がされているので、危害が及ぶような激しい取り立ては少なくなっていると考えれば良いでしょう。

 

【返済できない時はどうすればいいの?】

返済できないと分かった段階ですぐに銀行に報告・相談をしましょう。

 

銀行は親身に相談に応じてくれます。ただ、銀行もビジネスですから、返済を免除するようなことはありません。考えられる方向性は次の通りです。

 

@返済日の変更
A返済プランの変更(ボーナス払いの有無など)
B毎月の返済額と返済期間の変更

 

これは債権者と債務者が直接やり取りすることなので、法的には何も問題がありませんし、個人の信用情報にも記録は残りません。

 

「恥ずかしい」「顔を合わせづらい」など、気持ちは分かりますが、ここで誠意を見せられなければ、次に待つのは消費者金融を中心とした保証会社の取り立てとなります。この債権者の変更は個人の信用情報にも『異動』と記録されるので今後の生活に大きな影響を及ぼす可能性もあります。

 

【時効はほとんど成立しない】

多少怖くても逃げ隠れして凌げば時効が来ると信じている人もいるようですが、甘すぎます。
確かに法律でキャッシングに関する時効は「5年」と定められています。

 

しかし、大切なことは「いつから5年なのか」ということです。
これは分かりやすく言うと、「債権者が何もしなくなって5年間」ということです。

 

つまり、あなたが応じるか応じないかは関係なく、債権者が取り立てをしようと電話をかけているだけでも放置ではないので時効は成立しません。

 

仮に、4年と364日間、債権者が何もしなかったとして、最後の1日に裁判所に訴えでも起こせば時効としての5年間は継続されていないので成立しないことになります。裁判、法律となると大事ですね。そうなる前に銀行にありのままを打ち明け、相談することが最も債務者に優しい結果をもたらしてくれることは間違いありません。