銀行キャッシングは総量規制の対象外

銀行キャッシングは総量規制の対象外[銀行キャッシング一覧]

MENU

銀行キャッシングは総量規制の対象外

突然ですが『総量規制』という言葉を聞いたことはありますか?

 

「初耳だ」という人がいらっしゃるかもしれませんが、「年収の3分の1以上のキャッシングはできない」というフレーズだったら耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

【総量規制って何?】

『総量規制』というのは2006年に定められ、少しずつ改訂や施行を繰り返して2010年に完成した『貸金業法』という法律に関係する用語です。

 

この法律によって、キャッシングを利用する人は年収の3分の1を超えるキャッシングができなくなりました。これは消費者がキャッシングをしすぎないように、業者が貸しすぎないようにすることで、結果的に消費者の生活を守ろうとするものです。

 

『総量』という言葉通り、キャッシングの合計金額が問題となるわけで、何社からキャッシングをするかということは問題にはなりません。

 

【何が何でも3分の1以上はダメなの?】

総量規制は『貸金業法』という法律に基づいています。

 

そのため、貸金業法とは関係のないものは対象外となっています。例えば、『銀行・共同組織金融機関・保険会社・証券金融機関など』は貸金業者から外されているので基本的には対象外です。

 

そのため銀行では、年収300万円の人が200万円のマイカーローンを契約したり、2000万円の住宅ローンを契約したりすることができるのです。

 

【銀行でキャッシングしたらどうなるの?】

結論から言えば「特に問題ありません」

 

確かに総量規制では「個人向け貸付」、つまりキャッシングが対象となっていますが、あくまで「貸金業者からのキャッシング」が対象なのであって、銀行キャッシングは対象外となっています。

 

よって、年収300万円の人が銀行から100万円のキャッシングをしていたとしても、貸金業者から新たにキャッシングをすることは可能という解釈になります。しかし、銀行からそれだけのキャッシングをしている事実は記録されるので、それを確認した貸金業者が利用者の返済能力をどう判断するかは分かりません。

 

実際に、総量規制範囲内であっても、「他社への返済が遅れ気味である」という事実を理由に、キャッシングが断られたケースもあります。

 

【どうしても3分の1以上のキャッシングが必要な時には?】

こればかりは法律なのでどうしようもありません。ただし、いくらか除外規定も存在します。

 

例えば『事業用に借りたい』とか『緊急で医療費が必要になったので借りたい』などは除外規定に入っています。つまり、年収300万円の人がすでに100万円をキャッシングしている場合、これ以上のキャッシングは無理ですが、緊急で医療費が20万円必要になってしまった、などの場合はキャッシングが可能となるのです。