専業主婦や借り換え目的で借りる事ができる

専業主婦や借り換え目的で借りる事ができる[銀行キャッシング一覧]

MENU

専業主婦や借り換え目的で借りる事ができる

収入の少ない、またはまったくない主婦がキャッシングをしようと考えた時、多くの方が「審査が緩いと言われる消費者金融に行ってみよう」と考えてしまうようです。

 

銀行の方が圧倒的に低い金利であるにも関わらず、「銀行は審査が厳しいから相手にしてくれないだろう」と最初から銀行を除外し、思い込んで行動する主婦の方がいらっしゃいます。
しかし、現実はまったく逆なのです。

 

【収入のない主婦は消費者金融ではキャッシングできない】

2010年、様々なトラブルを乗り越えて『貸金業法』という法律が施行されました。
その内容の一部に「年収の3分の1以上の貸付は禁止」というものがあります。

 

つまり、就業形態は問題ではなく、安定した収入がどのくらいあるのかで決まることになりました。年収300万円の人は100万円まで、年収100万円の人は約33万円までしか貸付、いわゆるキャッシングができなくなったのです。そうなると、収入のない専業主婦はまったくキャッシングができないということになるわけです。

 

【それでも銀行なら可能性がある!】

この『貸金業法』は貸金業者に対して定められた法律で、銀行は除外されています。
つまり、銀行には「年収の3分の1まで」という規定が存在しないのです。

 

銀行の審査が厳しいことは言うまでもありませんが、年収のない専業主婦でキャッシングできる可能性が高いのは消費や金融ではなく、銀行ということになります。

 

【絶対銀行ならキャッシングできる?】

残念ながら絶対キャッシングできるとは限りません。

 

銀行は慈善団体ではなく、あくまで顧客から預かったお金を運用し、利益を上げる「会社」なので、利息をつけて返済してもらえる人でなければキャッシングは認めてもらえないでしょう。

 

そのために「審査」というものがあるのです。

 

ただ、専業主婦でもキャッシングを認めている銀行はいくつかあります。実際のキャッシングには銀行独自の審査基準が設けられているので、ご希望の銀行で確認すると良いでしょう。

 

【専業主婦でもキャッシングできる銀行はこんなにたくさん!】

『三菱東京UFJ銀行の場合』
収入のない専業主婦でもキャッシングは可能です。
ただし、本来は500万円まで可能な銀行ですが、専業主婦の場合は『最高30万円』となります。
金利は通常と変わらないので、最高金利の『14.6%』が適用されるでしょう。

 

『楽天銀行の場合』
収入のない専業主婦でもキャッシングは可能です。
ただし、本来は500万円まで可能な銀行ですが、専業主婦の場合は『最高50万円』となります。
金利は通常と変わらないので、最高金利の『14.5%』が適用されるでしょう。

 

『東京スター銀行の場合』
収入のない専業主婦でもキャッシングは可能ですが、配偶者に安定した収入があることが条件となっています。この条件を満たしていれば、『最高90万円』までキャッシングすることが可能です。

 

金利は通常と変わらないので、最高金利の『14.6%』が適用されるでしょう。

 

【借り換え目的もオトク!】

銀行には借り換えを目的とした『おまとめローン』が存在します。

 

これは複数の金融機関から借りている借金をすべて銀行が肩代わりしてくれ、代わりに銀行にその総額を返済していくというものです。この借り換えのメリットは大きく2つあります。

 

@返済先が一本化され分かりやすい。
A銀行金利が適用されるので利息が安くなる。

 

特に利用者にとってありがたいのはAでしょうから、少し具体例を見てみましょう。

 

A社から金利18.0%で30万円キャッシング
B社から金利16.5%で70万円キャッシング
しているとしましょう。

 

これをそのままそれぞれに30日後に返済すると・・・

 

・A社の利息は「30万円×0.18÷365×30=4,438円」
・B社の利息は「70万円×0.165÷365×30=9,493円」

 

となり、計100万円のキャッシングに対し、利息を「13,931円」支払わなければならなくなります。

 

しかし、これを金利14.5%の銀行で借り換えすると、A社B社への借金は銀行が完済してくれるので解決し、銀行に「金利14.5%で100万円キャッシングしている状態」となります。

 

これを30日後に返済すると・・・

 

・銀行の利息は「100万円×0.145÷365×30=11,918円」

 

となります。先ほどの2社それぞれに返済するものと比べると、たった1ヶ月で「2,013円」もオトクになるんです。