消費者金融よりも低金利で借りれる

消費者金融よりも低金利で借りれる[銀行キャッシング一覧]

MENU

消費者金融よりも低金利で借りれる

キャッシングをする時に心配なことの1つが『金利』ではないでしょうか。

 

実は金利の設定はきちんと法律で定められており、審査の厳しい銀行は金利が低く、審査の緩い消費者金融は金利が高いという傾向にあります。では、銀行キャッシングと消費者金融キャッシングではどのくらいの違いがあるのでしょうか。

 

【銀行キャッシングの金利】

銀行やキャッシング額にもよりますが、概ね『4.5%〜14.5%』くらいで設定されています。
基本的にはキャッシング額が低額だと金利が高くなります。

 

例えば10万円程度のキャッシングであれば14.5%の金利が適用されるということになります。
ただ、中には最高金利を17.8%に設定されているところもちらほらと見かけます。

 

このような銀行はネット銀行であったり、審査がかなり緩い銀行だったりするようです。

 

【消費者金融キャッシングの金利】

こちらは消費者金融の違いによる金利の違いはそこまで大きくはないようです。
概ね『4.5%〜18.0%』くらいで設定されています。

 

銀行キャッシングと同様、キャッシング額が低額になればなるほど金利は高いものが適用されます。10万円程度のキャッシングであれば18.0%が適用されます。もちろん最高金利が18.0%よりも低く設定してある消費者金融もありますが、せいぜい17.8%止まりのようです。

 

【もし最高金利で10万円借りたとしたら?】

銀行キャッシングと消費者金融で10万円を借りたとして、その金利の計算してみましょう。

 

@銀行編
10万円を金利14.5%で1年間借りた場合の金利は次のように計算されます。
10万円×0.145÷365×365=14,500円

 

A消費者金融編
10万円を金利18.0%で1年間借りた場合の金利は次のように計算されます。
10万円×0.18÷365×365=18,000円

 

今回比較したのは1年間借りっぱなしだった場合の話ですが、返済方法や借りた先によっても多少違いがあります。ただ、消費者金融キャッシングよりも、銀行キャッシングの方が低金利でお得であることは間違いないようです。

 

【キャンペーンをうまく活用しよう】

利用者が金利を心配しているということは銀行も消費者金融も気付いています。

 

その対策として、キャンペーンを打ち出しています。消費者金融は、「初回利用者に限り1ヶ月金利ゼロキャンペーン」を実施していることが多いようです。

 

一方、銀行は金利ゼロキャンペーンをしているところは少なく、季節や連休などに合わせてになりますが、金利引き下げキャンペーンなどを行っています。銀行の金利引き下げキャンペーンはほんのわずかですが、楽天銀行のスーパーローンは通常『4.9%〜14.5%』と設定されているところ『2.45%〜7.25%』と『金利半額キャンペーン』をすることもあるようです。