銀行キャッシングの審査に必要な書類

銀行キャッシングの審査に必要な書類[銀行キャッシング一覧]

MENU

銀行キャッシングの審査に必要な書類

銀行キャッシングをスムーズに進めるためには事前に必要書類を準備しておくと良いでしょう。銀行によって多少違いはありますが、間違いなく必要となるものを取り上げていきましょう。

 

【運転免許証】

これは身元保証で必要となる書類の1つです。銀行キャッシングにおいてはこれで十分です。
戸籍謄本や戸籍抄本のようなものでなくとも問題はありません。

 

もし運転免許証がなければ「健康保険証/住基カード/パスポート/住民票の写しなど」でも代用できます。代用できる書類はHPなどで確認できるので、自分に準備できるものを確認しておきましょう。少し変わったものとしては「電気・ガス・水道などの領収書など」でも認めてもらえることもあるようです。

 

【源泉徴収票】

これは安定した収入があるかどうかを証明するために必要となる書類の1つです。

 

源泉徴収票であれば前年度分があれば良いようですが、これを給与明細書で代用する場合は直近の3か月分は準備しなければならないところが多いようです。

 

こういう書類は手元に残っていないという人も多いようですが、どちらも勤務先に申し出れば発行してもらえます。同じ手間を考えると源泉徴収票が良いようです。

 

ただし、年収的に若干の問題があるものの、残業などで直近の月収が比較的高めだというのであれば、あえて給与明細書を提出するのも1つです。他にも「住民税決定通知書など」でも代用できることがあるようなので、事前に確認しておきましょう。

 

また、専業主婦の方であれば配偶者の収入証明書が必要となる可能性があります。

 

これら収入証明書の類は各銀行が規定するキャッシング額を超える場合のみ提出を求められるものです。多くの場合は「300万円」が基準となっていますが、三菱東京UFJ銀行などは「100万円」と設定してあります。

 

【その他必要になる可能性があるもの】

書類というわけではありませんが、銀行キャッシングを受ける上で必要な可能性のあるものがいくつかあります。

 

『銀行印』
場合によっては口座開設を求められる可能性があります。その場合は銀行印として登録希望の印鑑を準備しておきましょう。

 

『完済証明書』
銀行キャッシング前に他の金融機関でキャッシングをしていると場合によっては完済したことを証明する「完済証明書」の提出を求められる可能性があります。こういうキャッシングの完済は記録に残りますが、完済してもすぐに反映されるわけではありません。万が一銀行から求められれば準備するようにしましょう。