銀行キャッシングは在籍確認の電話はかかってくる?

銀行キャッシングは在籍確認の電話はかかってくる?[銀行キャッシング一覧]

MENU

銀行キャッシングは在籍確認の電話はかかってくる?

銀行キャッシングを申し込むと審査に入ります。
その中に『在籍確認』というものがあります。まずは、この在籍確認から勉強していきましょう。

 

【在籍確認って何?何のため?】

銀行は慈善団体ではないので、融資したお金を返済してもらうのはもちろんのこと、利息を支払ってもらうことで利益を上げています。要はそれだけの経済力がなければならないということですね。

 

その判断方法として、銀行は希望者の信用を様々な方法で審査し、信用に足る人物だと認められれば融資を受けることができるのです。

 

キャッシングの申し込みをする際に必要事項を記入したり、入力したりします。
その項目の中には「勤務先」というものがあります。

 

あくまでこれは希望者の自己申告なので、銀行側はこれが真実かどうかを判断するために、実際の希望者の職場に電話連絡を入れ、本当にその人が在籍しているかどうかを確認するのです。

 

銀行でキャッシングを申し込む際に、この在籍確認はまず避けられないものだと考えて良いでしょう。ただ、例外的に在籍確認の電話がかかってこないこともあるようです。

 

【在籍確認の電話内容はどんなもの?】

目的はその職場に在籍しているかどうかを確認するだけですから大したことはありません。
運良く希望者が電話に出た場合、尋ねられることは次のような内容です。

 

1:本名
2:生年月日

 

この程度のことで、答えにくいプライベートな内容をしつこく質問されることはなさそうです。

 

【他の人が電話に出たら、キャッシングがバレる?】

在籍確認の電話で、相手が銀行名を名乗ってしまうと勘の良い人は気付いてしまいます。

 

そこで銀行はまったく銀行名を名乗らず、個人名で電話をかけてくるようになっています。
「〇〇と申しますが、△△さんはいらっしゃいますか?」こんな感じです。

 

ただ、滅多に個人名で電話がかかってくることのない職場の場合は勘付かれる可能性があります。それでも在籍確認は基本的に避けることができないものなので、事前に職場にウソの申告をしておくのも対処法の1つと言えます。

 

例えば、「知り合いに保険契約を頼まれているから電話があるかも・・・」のような感じですね。

 

【もしその場に本人がいなかったら?】

仕事内容によっては在籍確認のタイミングで席を外しているということも考えられますね。
でもまったく心配ありません。

 

要は、希望者本人がその職場に在籍していることが分かれば良いので、「〇〇はただいま席を外しております」とか「〇〇は外出しておりますので、戻り次第ご連絡差し上げます」などと対応してもらえれば、在籍確認の目的は果たされるわけです。

 

もちろん、再度かかってくることはまずありません。