審査落ち…審査に通らないのはどういう人?

審査落ち…審査に通らないのはどういう人?[銀行キャッシング一覧]

MENU

審査落ち…審査に通らないのはどういう人?

将来的にはどのようなタイミングでお金が必要になるか分かりません。

 

キャッシングはとても便利なものですが、「試しに申し込んでみよう」なんて軽々しく行動してはいけません。その理由は、正式に申し込むと審査に持ち込まれ、審査に通るかどうかは問題ではなく、個人の信用情報に記録として残ると言うことです。

 

「ダメもとで・・・」と言っている人でさえ、「審査に通りたい」というのが本音でしょう。しかし、本当にダメだと分かっておるのであれば、無謀なチャレンジをするのではなく、正しい対処をし、機が熟すのを待つのが得策でしょう。

 

【属性を確認する】

銀行によって多少異なりますが、一般的には次の属性を確認しましょう。

 

・年齢
・年収
・職種
・他社からのキャッシング状況

 

またキャッシング希望額が高額ならば、次の属性も追加で確認しましょう。

 

・家族構成
・居住形態

 

属性に問題があっても、銀行を変えたり、申し込み商品を変更したりすることで審査が通ることもあります。審査時の属性についてもっと詳しく知りたいならこちらから

 

【過去に金融事故を起こしている】

「金融事故」とはクレジットやキャッシングの返済が滞ってしまったことを、金融機関が事故情報として登録することです。これを世間では「ブラックリストに載る」と表現することもあります。

 

この情報はどの金融機関でも確認することができるので、隠すことはできません。
この情報が登録された場合は、以降5年間は新たにローンなどが結べなくなります。

 

ただし、返済が滞るとは1日や2日のことではなく、「大幅な遅れ」とされています。
これが具体的にどのくらいを指すのかは銀行によって判断が異なるようです。

 

銀行もいきなり金融事故扱いすることはありません。電話連絡なり、書面なりで督促がありますが、これを無視したり対応できなかったりすると金融事故扱いとなるようです。

 

【把握していないキャッシングがある】

これは審査条件に配偶者の信用が関わっている場合です。

 

キャッシングは恥ずかしいと考えている人は多いもので、例え夫婦であっても秘密にされることがあります。専業主婦の人が銀行キャッシングをしようとする場合に、配偶者の信用も必要となることがあります。

 

この場合で審査に通らないと言うことは間違いなく夫の方に問題があるということになります。

 

もちろん専業主夫の場合も同様です。
審査を確実にするためには、事前に確認しておいた方が良いでしょう。

 

家族であれば配偶者の信用情報を開示することができるので利用した方が良いでしょう。